2009年05月20日

病院で治療したほうがいい日焼け

日焼けにはサンバーンとサンタンという2種類があり、サンバーンは太陽光(紫外線)によってやけどを起こしている状態で、冷やすだけで症状が軽減するものから病院での治療が必要なものまでがあるのではないでしょうか。しかし、水泡を作るほどにひどい日焼けは第2度熱傷の状態まで進んでおり、自己判断での処置では感染症を起こしたり、やけどによる傷跡を残すこともあるためきちんと病院を受診して治療を受けるようにしたほうがいいでしょう。
日焼けによるひりひりとした痛みを伴い、腫れや発熱を起こすような場合も病院での診察を受け治療を行なうほうがいいでしょう。
posted by ゆっきぃ at 03:22| 基礎知識